私たちができることWorks

土木工事業

土木工事とは、ダム・河川・トンネル・道路・区画整理・下水道・橋・鉄道など、様々な建設物を作る仕事です。私たちの仕事は、建設物を作るために必要なノウハウを利用して、建設工事を行うことです。安全や環境に配慮し、皆さんに役立つ建設物を作るよう努力しています。私たち土木技術者は、建設物の設計を行い、その施工方法をしっかり理解し、工事に携わる人たちすべてに確実に伝え、その協力を得ることによって、はじめて工事を進めることができるのです。ですから私たちの仕事では、様々な職種に携わる人々の仕事を理解し、コミュニケーションをとることが大切となります。

とび工事業

とび工事業とは、 足場組立、重量物の運搬配置、工作物の解体、くい打ち、コンクリートにより工作物を築造する工事・コンクリート工およびその他基礎的ないし準備的工事を営業する建設業のことです。そのため仕事の範囲が広く、必要な資格も玉掛け・足場・型枠・鉄骨などに始まり、クレーン運転やガス溶接など、たくさんあります。特殊技能も必要ですし、高度なチームワークも求められます。やる気次第で、どんどん仕事の幅が広がります。

土工工事業

ダムや道路や空港などの工事で、「土」を動かして「土構造物」を作るのが仕事です。昔は人間の力だけで行っていましたから、この仕事は大変な重労働でした。しかし今は建設機械が発達し、「土」の仕事はそのほとんどを機械で施工するようになりました。「土」を動かす機械をいろいろ組み合わせて操作し「土構造物」を作る。これが機械土工です。機械土工は、建設工事の中でも最も機械化・近代化の進んだ仕事のひとつです。

浚渫(しゅんせつ)工事業

船舶が安全に航海できるように海底を掘り下げたり、港湾や河川、湖沼に堆積したヘドロを取り去ってきれいにするのが仕事です。漢字で「浚渫」と書きます。豪雨の際に、洪水がなめらかに流下できるように川底を掘り下げることなども浚渫です。浚渫した土砂は、埋立材料として有効利用されています。

主要船舶諸元

第一弘洋号(起重機船)

型式
SKK-700HD-N型
主巻総荷重(フック重量)
100t(2.8t)
補巻総荷重(フック重量)
10.5t(0.5t)
吊上げ荷重
100t(全旋回時)
直巻能力
16.0t
オレンジバケット
3.0m³
角バケット
3.5m³
第一弘洋号 第一弘洋号

弘洋丸(19t)引船兼押船

主機関
ヤンマーディーゼル製 
6KX-ET 520PS 2基
全長
11.97m
6.00m
深さ
1.35m
弘洋丸 弘洋丸

土木造成業のこれから

土木造成業の定義は、さまざまな土地利用目的にしたがって、陸上の山野や河川、湖沼や海域の一部に土木工事を施して、新たに土地をつくることをいいます。

わが国では干拓による農地の造成、市街地造成などが昔から盛んにおこなわれてきました。
近年においては、都市化の進展のため住宅地や業務用地が不足し、条件の良いところだけでなく、傾斜地や臨海部にもその供給を仰ぐようになりました。ますますの需要が求められています。

そこで、地すべりや沿岸災害、環境汚染などの課題問題に対策をして、安全性と環境保全に十分留意した土地造成の技術が要請されています。
当社の技術でそれらの問題を引き起こさない実績が関係各社より認められ、信頼を積み重ねてまいりました。

今後も最新の技術の導入、経験の蓄積をすることで、社会に貢献していきたいと考えております。

私たちができること

採用情報Recruit

一緒に働ける仲間を募集しています。
未経験者も活躍中。
弊社の採用情報はこちらをご覧ください。

採用情報